【英文パターンWS】 10月2日のご報告




告知させていただいていた「Lin-Lin Shawl」のWS。
昨日、無事開催されました。
前の晩の嵐の影響で、当日午前中まで電車の遅延等があり、ご参加いただいた方には感謝申し上げます。

↑上の写真は、Springvale Worstedで編んだサンプル品です。

Ravelryプロジェクトページはこちら




↑参加者の方が編む糸を玉巻きしてご用意しました。
3カセずつ。
どの色も素敵。どんなLinLinになるのか楽しみです。




11時スタート。
参加者の人数は5名。
電車の遅延で遅れた方が2名。私用で早退された方が1名。
遠方(東京都内、神奈川県など)からお越しくださった方もいました。

ほとんどの方が、英文パターン初心者さん、もしくは途中でつまずいてしまった方ばかりだったので、最初に英文パターンと日本語の編み図の違いを吉澤(講師)が解説。





次に、Cable Cast-onで作り目。
初めての技法なので、真剣に取り組まれていました。
ゴム編みから、最初のW&Tへ。
ホワイトボードを使い、吉澤からW&Tの説明が丁寧になされました。




その日の目標は、W&Tをマスターすることと、最初の段消し部分まで編み上げること。
だったのですが、時間の都合上、そこまで到達できず・・・
吉澤が、段消しを練習できるように別の糸を使用して段消し練習用の編地をささっと編んで対応。(人数分!!実際それを使って練習された方は2名でしたが)

↑こちらが、W&Tの段消しをレクチャーしている様子。
練習した編地も持ち帰りOKとのこと。ご自分の針に移してお持ち帰りいただきました。
家に帰ってからわからなくなっても、見直せるのでとても便利。

14時。あっという間の3時間でした。
(予定では13時半まででしたが、予定をのばして14時まで対応させていただきました)

次はどんなパターンを編むWSが希望かなど、参加者の方の意見もいろいろ聞けてとても有意義な時間を過ごすことができました。
ご意見を参考にさせていただき、今後の企画に役立てたいと思います。

*************************************************************

次回のWSは11月6日金曜日です。
「Hitofudeカーディガン」を編みます。
詳細は こちらのブログ記事 をご確認ください。

今のところ、3席空きがございます。(MAX6席)
お早めにお申し込みください。









このブログの人気の投稿

「平成30年7月豪雨災害義援金」「平成30年大阪府北部地震災害義援金」について(2)

「平成30年7月豪雨災害義援金」「平成30年大阪府北部地震災害義援金」について

【モニター】  Rainy Drops × Walk Collection Cottage Merino